不労所得生活を目指すサラリーマン会計士の資産運用

主にFXで月10万円の不労所得を獲得! サラリーマン会計士としてリスクに向き合う資産運用ブログを運営しています。 主にFX(トラリピ・サヤ取り)を使用した資産運用を実践中です。投資のみならず、税金・会計など会計士としてみなさんに有益な情報を発信できればと考えています。20代の既婚。1歳の娘の子育て奮闘中。私の本業は家族を守ること。

アメリカ雇用統計発表時のスプレッドはどうなるのか!?

f:id:increaseassets:20190706111918j:image

こんにちは。

今日はFXのスプレッドについて書いてみようかと思います。

月に1回のFXのイベントと言えば、アメリカの雇用統計の発表です。

雇用統計は多くの人が注目する指標ですので、その前後で為替の取引量も増大します。

基本的には相場が急変することが多いので、そのような時にスプレッドがそうなるか確認してみました

 

 

米国の雇用統計とは

 

前月の雇用者数の増減や、失業率、平均賃金の増減など、雇用に関する主要な統計です。

この統計により、雇用が良ければ、賃金上昇消費拡大インフレ率上昇のようなサイクルが予想されます。ただし、インフレ率が上昇しすぎると経済に良くないため、FRBは金利を上げます。

よって、雇用統計は、将来のインフレを予想する重要な統計であり、FRBの金融政策にも大きく影響します。

だから、FRBも含め、みなが一番重視している統計だと言えます。

 

スプレッドとは?

説明不要かもしれませんが、スプレッドは、売値と買値の差のことです。FXで利益を出すためには、この差が小さければ小さいほど、利益を出しやすくなります。

ただし、雇用統計発表の時は、相場が荒れる(相場が乱高下する)傾向にあるため、一時的にスプレッドを広げる業者が多いです。

例えば雇用統計で一番影響を受けるであろう米ドル円のスプレッドは、多くの業者は0.3銭と低いスプレッドになっています。1万通貨当たり30円ですね。

 

実際にどうなったか 

私が口座を持っている会社で、雇用統計発表時(5日の21:30)米ドル円のスプレッドを確認してみました。以下が結果です。

なおメジャーな業者をすべて網羅しているわけではないこと、スプレッドは秒単位で変わるので、記録を取ったタイミングでも大きく変わるので、その点ご了承ください。

 

f:id:increaseassets:20190706105905p:plain

結果としては、セントラル短資が一番スプレッドが狭く良かったですね。くりっく365を除いては、どの会社も原則0.3銭としているので、DMM FXみんなのFX9銭と通常時の30倍のスプレッドになっています。

雇用統計発表時は相場が荒れることをすべての会社が知っているので、ここで提示するスプレッドには各社の方針が反映されているような気がします。

 

ちなみにフラッシュクラッシュの時は?

今回は予期できるイベントでしたが、今年の1月3日のフラッシュクラッシュのように予期できないイベントではどうなるか、過去記事にも掲載しましたが、以下のTweetが一番わかりやすいので、引用させて頂きます。

 

 

特にヒロセ通商はスプレッドの広がりがスゴイですね。雇用統計でもトップクラスでスプレッドが広がっていたので、そういう方針なのか、カバー先の問題なのかはわかりませんが。。。

 

ポジションを持つタイミングには注意

このように指標発表時にはスプレッドが広がるため、例えばサヤ取りのポジションを持つときは、このようなタイミングはでいるだけ避けるべきです。

サヤ取りの一番大きいコストはスプレッドです。

また、業者によっては、特定の時間帯にスプレッドを縮小することもあるので、逆にサヤ取りのポジションを持つ・決済する時は、このようなタイミングを狙うのも一つの手です。

例えば、みんなのFXでは、月末のプレミアムフライデーにキャンペーンをやっています。

min-fx.jp

トルコリラのサヤ取りでは、このようなタイミングをぜひ狙ってください。

 

Twitterではタイムリーな情報を発信しているので、ぜひフォローしてくださいね!

twitter.com

 

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

スポンサーリンク