不労所得生活を目指すサラリーマン会計士の資産運用

主にFXで月10万円の不労所得を獲得! サラリーマン会計士としてリスクに向き合う資産運用ブログを運営しています。 主にFX(トラリピ・サヤ取り)を使用した資産運用を実践中です。投資のみならず、税金・会計など会計士としてみなさんに有益な情報を発信できればと考えています。20代の既婚。1歳の娘の子育て奮闘中。私の本業は家族を守ること。

FX スワップ運用のリスクを考える  米ドル/スイスフラン or メキシコペソ/円がおススメ

f:id:increaseassets:20190324182718j:plain
こんにちは。

前回に引き続き、FXでのスワップ運用について考えてみたいと思います。
スワップ運用は合理的な資産運用なのでしょうか。ちょっと考えてみたいと思います。

長くなりそうなので何回かに分けて書いています。今回は第3弾です。最後です。

前回の記事も貼るので、そちらを先に見て頂ければと思います。

第1弾

increaseassets.hatenablog.com

 第2弾

increaseassets.hatenablog.com

 

 

 

リスクとスワップ運用するための条件 まとめ

第1回から第2回にかけてスワップ運用するための条件について色々と考えてみました。最後に条件を一度整理したいと思います。通貨ペアごとに4項目の適合度を5段階評価してみました。なお、日本のFX業者で一般的に取り扱いのない通貨ペアは除きます。

f:id:increaseassets:20190527142726p:plain

スワップ運用を成功させるための特徴として以下の点が挙げられると思います。


A.高金利

B.長期保有

C.為替差損が出にくい

 

スワップ運用は高金利通貨を保有し続けることで高金利から生じるスワップを複利運用していくことが基本スタンスです。

そのため、高金利通貨を原則的に選べばいいのですが、上記の通り金利だけ見れば「トルコリラ」が最も良いですが、為替差損が出る可能性が非常に高いため、結果的に含み損で終わるかもしれません。

一方で、ドル円は比較的安定していますが、新興国通貨と比べると金利にうまみはなく、ドル円で運用するくらいなら、新興国通貨でFXサヤ取りをした方が、リスクが低いうえに、利回りも良いと思います。

 

スワップ運用の結論

ある程度リスクを抑えた運用:

この視点から考えると「米ドル/スイスフラン (USD/CHF)」が適していますかね。最も低金利な先進国通貨の「スイスフラン」を売り、最も高金利な先進国通貨の「米ドル」を買うような通貨ペアが、リスクを抑えられる可能性が高いと思います。世界的な流通量も多い通貨ペアであり、暴落リスクは新興国に比べて格段に低いです。金利差もおよそ3%ぐらいあるので、複利の効果も実感しやすいと思います。しかしこれぐらいの利回りであれば、FXサヤ取りでもいいかもしれません。

 

リスクを積極的に取りに行く運用:

リスクを積極的に取りに行ける場合は「メキシコペソ/円 (MXN/JPY)」が適しているかと思います。金利差は8%を超えていますので、10年以内に資産が倍になる計算です。トルコリラに比べれば、下降トレンドではないため、為替差益を十分に狙える可能性があります。また、世界No.1の経済大国アメリカの隣国であり、経済基盤はトルコや南アフリカよりも強固だと思います。

ただし、財政、政治、治安など課題も多い国ですので、10年後にベネズエラのようになっている可能性もあります。

 

個人的にはスワップ運用よりFXサヤ取り

スワップ運用について見てみましたが、正直リスクの割にはリターンがいまいちかなという印象です。例えばトルコリラのサヤ取りでは、リスクは抑えながら年利10%は十分に狙えます。手間が少しかかることや、課税の先送りはできないデメリットはありますが、リスクとリターンの関係から、サヤ取りの方がおすすめできますかね。

FXのサヤ取りは過去に記事にしているので、ぜひご参照ください。

increaseassets.hatenablog.com

 

スポンサーリンク