不労所得生活を目指すサラリーマン会計士の資産運用

主にFXで月10万円の不労所得を獲得! サラリーマン会計士としてリスクに向き合う資産運用ブログを運営しています。 主にFX(トラリピ・サヤ取り)を使用した資産運用を実践中です。投資のみならず、税金・会計など会計士としてみなさんに有益な情報を発信できればと考えています。20代の既婚。1歳の娘の子育て奮闘中。私の本業は家族を守ること。

FX スワップ運用のリスクを考える  取引量では米ドル/スイスフラン (USD/CHF)

f:id:increaseassets:20190524105950j:plain
こんにちは。

前回に引き続き、FXでのスワップ運用について考えてみたいと思います。
スワップ運用は合理的な資産運用なのでしょうか。ちょっと考えてみたいと思います。

長くなりそうなので何回かに分けて書いています。今回は第2弾です。

前回の記事も貼るので、そちらを先に見て頂ければと思います。

increaseassets.hatenablog.com

 

 

リスクとスワップ運用するための条件

③ 取引量が多い(取扱数量が多い)

スワップ運用は長期での積み立てが基本となるため、取り扱っているFX業者が多く、スプレッド(手数料)が安いほど有利になります。そのため、取引量が多い通貨ペアについては、幅広い業者で取り扱っており、かつ業者間の競争原理が働くため、スプレッドが低くなる傾向があります。

以下で各通貨ペアの取引量をみてみます。

f:id:increaseassets:20190524100141p:plain

出典:https://www.fx-foreign-exchange.com/feature/turnover.html

上記のようにUSDに絡んだ通貨ペアの取引量が突出して多いことがわかります。円やユーロがらみの通貨ペアのUSDには遠く及びません。取引量の多さからスワップ運用に向いている通貨を考えると以下の2つですかね。

 

・米ドル/円 (USD/JPY) 取引量2位

・米ドル/スイスフラン (USD/CHF) 取引量7位

 

スワップ運用では高金利通貨を売りでは意味がないので、基本的には低金利の通貨を売るような通貨ペアを採用すべきです。そのため、円かスイスフランを売る通貨ペアを選んでみました。

④ ボラティリティが低い

スワップ運用は、もちろんレバレッジ1倍で運用するのも全然ありだと思いますが、資金効率を上げるためにレバレッジをかけて運用される方も多いと思います。

レバレッジをかけると暴落が発生した際にロスカットされるリスクが高まります。ボラティリティの高い通貨は以下の通りです。過去のデータがうまく取れなかったので、直近の月次データになります。 

「Monthly」でボラティリティが高い順にソートすると予想通り、「トルコリラ」、「南アフリカランド」「メキシコペソ」の高金利通貨が上位に出てきます。

基本的には、高金利通貨には以下の図式が成り立つと考えています。

高金利=高金利にしないとお金が集まらない=お金が集まりにくいマイナス要素(経済力・政治等)がある。

ここから考えられるのは、金利の高い先進国通貨を買い、低金利の通貨を売るような通貨ペアは、ボラティリティが小さく、良いような気がします。結局③と同じですね。 

 

③・④のまとめ

今回はリスクをある程度抑える条件について見てみました。この視点から考えると「米ドル/スイスフラン (USD/CHF)」が適していますかね。最も低金利な先進国通貨の「スイスフラン」を売り、最も高金利な先進国通貨の「米ドル」を買うような通貨ペアが、リスクを抑えられる可能性が高いと思います。

スポンサーリンク