不労所得生活を目指すサラリーマン会計士の資産運用

主にFXで月10万円の不労所得を獲得! サラリーマン会計士としてリスクに向き合う資産運用ブログを運営しています。 主にFX(トラリピ・サヤ取り)を使用した資産運用を実践中です。投資のみならず、税金・会計など会計士としてみなさんに有益な情報を発信できればと考えています。20代の既婚。1歳の娘の子育て奮闘中。私の本業は家族を守ること。

サラリーマンでも悪くない2つの理由 メリットについて

 

こんにちは。

今回はサラリーマンであることのメリットについて書いてみます。

メリットは人それぞれ違うかもしれませんが、私個人で思う金銭的なメリットについてです。

 

f:id:increaseassets:20190322212436j:image

 

結論

サラリーマンでいることで、個人事業主に比べ、

①   少ない支出で手厚い社会保障を受けられる

②   収入の変動リスクをヘッジすることができる

 

よって、サラリーマン投資家は、サラリーマンであることのメリットを享受しつつ、副業(投資)でさらなるリターンを得る合理的なスタイルだと思います。

もちろん、サラリーマンのデメリットも多々あることは承知しています。。。

 

 

メリット その1 社会保険

社会保険の概要

社会保険については、サラリーマンが最も優遇されていると言っても過言ではないと思います。

以下に「社会保険」のそれぞれのカテゴリーに分けて記載しました。なおここでのサラリーマンは正社員を前提とさせて下さい。

 

生活上のリスクをカバー

①   医療保険 … ケガや病気、出産、死亡に対する保障制度。

②   年金保険 … 老後の生活、障害、死亡に対する保障制度。

③   介護保険 … 高齢者や老化で介護が必要な人に対する保障制度。40歳以上に加入の義務あり。

労働上のリスクをカバー

④   雇用保険 … 従業員の雇用の安定や促進を目的として作られた保険制度。失業手当など。

労災保険 … 業務中や通勤中の事故・災害によって生じた病気、ケガ、傷害、死亡などに対しての保障制度。

 

会社が社会保険の50%を負担する

上記の社会保険は基本的には労使で折半されるため、サラリーマンの場合は、会社が50%負担します。

会社がどれぐらい負担しているのか以下のサイト参考に記載します。

news.finance.yahoo.co.jp

 

40歳未満・月収25万円の場合の会社負担額(月額)

・健康保険料:13,000円

・厚生年金保険料:23,800円

雇用保険料:1,500円

労働災害保険料:750円

合計:39,050円

 

月収に対する会社負担率:15.6%

 

会社は1人正社員を雇用するごとに、給与×約16%の追加支出が必要になります。非正規雇用が拡大する理由が良く分かりますね。会社の視点から見れば、同一労働でも雇用形態が違うだけで、コストが全然違います。

ちなみに、生涯年収を3億円と仮定すると、自己負担なしに4,800万円分の社会保険サービスを享受していることになります。これだけ見ればサラリーマンも悪くはないですね。

 

年金の給付額

サラリーマンは厚生年金に加入します。個人事業主のような国民年金のみとの比較は以下の通りです(老齢年金のみ)。

 

国民年金月額給付:約56,000円

・厚生年金月額給付:約147,000円

 

S/D:https://www.mhlw.go.jp/content/000453010.pdf

 

給付額はこれ程差が出ます。もちろん個人負担分もありますが、半分は会社が拠出しています。

以上の通り、少ない支出で、手厚い社会保険サービスを享受できるということが分かります。

 

 

メリット その2 法律の保護

半分おまけですが、サラリーマンは労働者であり該当するため、基本的には経営者と比べると立場が弱いため、労働関連の法律により、その立場は保証されています。

 

これにより、正社員は解雇の制限が掛かるため、よほどの正当な理由がない限り解雇はされません。また定時外労働時間には残業代が発生し(貰えるかは別として…)、有給休暇が付与されます(2019年4月より年間で5日は消化義務)。

また基本給を減額するような場合は、不利益変更になり、労働者の同意が求められます。

ですので、雇用・収入は保障されるため、収入変動のリスクはヘッジされていますね。

  

おわりに

サラリーマンは上記のように、リスクヘッジができていることが最大のメリットですね。

サラリーマン投資家は、投資に多くの時間を費やせないですが、労働生産性を高め、労働時間を短縮し時給単価を上げて、余裕ができた時間で、投資に時間を投下し高いパフォーマンスを目指すのが理想ですね。

これが実現できれば、リスクを最小化しつつ、リターンを最大化できます。投資でいう所の効率的フロンティア上に位置することになると思います。

スポンサーリンク